流行ってます!マンスリーマンションの魅力と注意点

マンスリーマンションのメリット

マンスリーマンションは、月単位で賃貸借契約を交わす形式となりますので、一般的な賃貸物件を借りる際に必要な敷金や礼金、不動産会社に支払う仲介手数料などの経費が不要です。新築の賃貸物件などの敷金や礼金に関しては家賃の数か月分に及びますので、初期費用が不要なマンスリーマンションに住むという選択肢にはメリットがあると言えるでしょう。 また、マンスリーマンションには、賃貸借契約を交わす際に保証人を立てる必要もありませんので、手軽に利用できるという利点もあります。その他にも、家具や家電などが既に備え付けられていますので、仮住まいの場合や長期出張の際は家具を運び込むための引っ越し代や手間が省けるという点も大きいです。

マンスリーマンションのデメリット

マンスリーマンションに住む際に注意しておきたい点は、賃料に比べて建物の性能が劣っているというケースがあることです。マンスリーマンションの賃料には光熱費も含まれていますので、毎月の料金を考慮すると、グレードの高い賃貸住宅に住めるレベルとなります。 マンスリーマンションの設備には高級な仕様の製品が採用されていることは少ないので、高い料金を支払って割安な仕様のマンションに住んでいるということになるのです。防音についても万全とは言えない物件が多い傾向にあり、隣の部屋の声などが聞こえるケースも珍しくありません。 その他にも、マンスリーマンションの契約時に保証人が不要という特性上、モラルの低い住人が居住している可能性も高いので、治安面の不安もあるということを理解しておきましょう。